ダイエット・レシピ!簡単 > 基礎知識

加圧トレーニング

加圧トレーニングは、最近話題になっている日本で生まれたトレーニング方法です。特許もとられているそうです。

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は、心臓疾患のリスクや発癌性のリスクを高めると言われている脂肪酸です。ニューヨークでの規制により話題となった。

基礎代謝

基礎代謝は、生存する為に必要な最低限のエネルギーです。基礎代謝をアップできれば、太りにくい体になります。

運動

運動は、食事同様に重要です。脂肪を燃焼させる有酸素運動と基礎代謝をアップさせる無酸素運動をしよう。

食物繊維

食物繊維の働きを知り、食物繊維を多く含む野菜・豆類・海草を積極的に食べましょう。

食事

食事は、ダイエットの為に大変重要です。食事の回数や食事量の配分に気をつけながら食事をしましょう。

アミノ酸

アミノ酸の働きをチャックし、必須アミノ酸である分岐鎖アミノ酸(BCAA)をダイエットに利用しましょう。

脂肪酸

脂肪酸の働きをチャックし、不飽和脂肪酸により悪玉コレステロールを減少させましょう。

体脂肪

体脂肪(皮下脂肪と内臓脂肪)の違いを知り、メタボリックシンドロームに気を付けましょう。

脂肪細胞

脂肪細胞(白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞)の働きを知り、交感神経を刺激し、褐色脂肪細胞を活発にしましよう。

自律神経

自律神経(交感神経と副交感神経)の働きを知り、昼間は活動的に過ごし、夜間は食事を控えましょう。

BMI(肥満指標)

BMIは、病気になりにくい、なりやすいかを表わしています。肥満度を知るためにチャックしましょう。

間違ったダイエット・レシピ

間違ったダイエット・レシピでは、健康を損なったり、過食症や拒食症になる危険性があります。

メタボリックシンドローム基準

日本肥満学会・日本動脈硬化学会・日本糖尿病学会・日本高血圧学会・日本循環器学会・日本腎臓病学会・日本血栓止血学会・日本内科学会など定めたメタボリックシンドロームの基準。

肥満と遺伝

肥満には、遺伝(遺伝子)も関係しています。遺伝(遺伝子)要因も認識しながら努力しましょう。

肥満のリスク

肥満のリスクには、生活習慣病・メタボリックシンドローム・睡眠時無呼吸症候群などがあります。

リバウンド・停滞期

ダイエットには、リバウンド・停滞期はつきものです。長期的スパンでダイエットしましょう。

▲このページのトップへ