ダイエット・レシピ!簡単 > な・は行ダイエット

パワーヨガダイエット

パワーヨガダイエット(パワーヨーガダイエット)のルーツは、ヨガのルーツと同じインドにあります。インドで発達したヨガは、20世紀になり欧米人に支持され、3タイプのヨガ(アシュタンガヨガ・アイアンガーヨガ・ビクラムヨガ)を生み出すことになりました。この3タイプのヨガが、パワーヨガのルーツです。パワーヨガは、インドでヨガを学んだアメリカ人によって1990年代後半に誕生しました。パワーヨガには、ボディメイク効果があり、ハリウッドの女優の間でも人気のエクササイズとなっています。

ピラテスダイエット

ピラテスダイエットは、ドイツ人のジョセフ・ピラテスにより考案されました。ジョセフ・ピラテスは、正しい呼吸が正しい姿勢・正しい体の動きを導くことに気付いたそうです。その後ピラテス理論に運動生理学を取り入れたものがストットピラテスという現在のエクササイズです。ピラテスは、ハリウッドの有名俳優・女優もボディスタイルを維持するために取り入れている最新フィットネスです。

日常ながらダイエット

日常ながらダイエットは、家事・育児・仕事などの動作を利用しながら痩せるダイエット法です。日常生活の動作を利用するので、家事・育児・仕事で忙しい方に適しています。日常生活をダイエットの場と考え、積極的に行動しましょう。

踏み台昇降ダイエット

踏み台昇降ダイエットは、踏み台昇降により脂肪を燃焼させるダイエット法です。踏み台昇降は、誰もが学校の体育の時間に経験がある運動だと思います。電話帳や雑誌があれば簡単にできます。また自宅の階段を利用したり、玄関の段差を利用する方法もあります。踏み台昇降は、脂肪を効率よく燃焼させる為、15分以上行いましょう。そして週に3回以上行いましょう。

7秒ダイエット

7秒ダイエットは、最大筋力を7秒間キープして筋肉を強化し、基礎代謝をアップさせるダイエット法です。基礎代謝がアップすれば、太りにくい体になります。壁や柱があればどこでもできるのが魅力です。7秒ダイエットは、週に3回以上を行いましょう。

縄跳びダイエット

縄跳びダイエットは、縄跳びにより脂肪を燃焼させるダイエット法です。縄跳びは、誰もが小学校などで経験ある運動だと思います。縄跳びは、ウォーキングなどと異なり、自宅の庭などでできるのが魅力です。縄跳びは、脂肪を効率よく燃焼させる為に15分以上行いましょう。そして週に3回以上行いましょう。なお運動不足の方は、無理は避け、休憩を入れながら行いましょう。

バランスボールダイエット

バランスボールダイエットは、バランスボールによりインナーマッスル(体幹筋肉)を強化し、基礎代謝をアップさせるダイエット法です。基礎代謝がアップすれば、太りにくい体になります。バランスボールは、激しい運動を伴わないので誰にでも簡単にできます。テレビを見ながらでもできます。簡単なので楽しみながら毎日行いましょう。

腹式呼吸ダイエット

腹式呼吸ダイエットは、腹式呼吸と簡単な運動を組み合わせ、脂肪を燃焼させるダイエット法です。呼吸法には、腹式呼吸・鼻呼吸などの方法があります。呼吸法は、ピラテス・ヨガ・気功などでも重要な要素と考えられています。呼吸法は、ダイエットでも日常生活でも役立ち、すぐに実践することができます。腹式呼吸ダイエットは、週に3回以上行いましょう。

プロテインダイエット

プロテインダイエットは、プロテインにより筋肉を強化し、基礎代謝をアップさせるダイエット法です。プロテインは、運動終了後あるいは就寝前の30分~1時間前に摂取します。
プロテインの摂取量は、運動をしていない人は体重(キログラム)×1グラム、運動をしている人は体重(キログラム)×1.5グラム、アスリートは体重(キログラム)×2グラム程度が目安と言われています。なお1回の摂取量は、20~30グラムにしましょう。

半身浴ダイエット

半身浴ダイエットは、少しぬるいお風呂に入浴することにより胃腸の働きを緩慢にさせ、食事量を減少させるダイエット法です。半身浴ダイエットは、食前に行います。普段より少しぬるい38~40度のお湯に15分以上入浴します。半身浴は、長時間入浴できるのでリラックスすることができます。

ハリウッドダイエット

ハリウッドダイエットは、炭水化物・たんぱく質・脂肪の摂取比率を4対3対3することにより脂肪を蓄積させないダイエット法です。ハリウッドダイエットは、もともと10数年前にアメリカの学者が考案したゾーンダイエットに由来しています。ゾーンダイエットは、スポーツ選手に受け入れられ、オリンピックなどで成果を上げました。その後ハリウッドスターがゾーンダイエットを取り入れた為、ハリウッドダイエットと言われるようになりました。

プーアール茶ダイエット

プーアール茶ダイエット(プアール茶ダイエット)は、プーアール茶を飲み、脂肪・糖の吸収を抑制するダイエット法です。プーアール茶は、食事と一緒に飲みます。食事中に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。

にがり水ダイエット

にがり水ダイエットは、にがり水を飲み、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。にがり水は、食前・食事中などに1日1リットル飲みます。にがり水を食前・食事中に飲むことにより、満腹中枢も刺激できます。
にがり水は、ミネラルウォーターなど1リットルに対して、にがりを小さじ1杯程度加えて作ります。にがり水は200~300ミリリットルずつこまめに飲みましょう。

バナナ酢ダイエット

バナナ酢ダイエットは、黒酢により脂肪を燃焼させ、バナナにより腸内環境を改善するダイエット法です。バナナ酢は、仕事などの活動前・有酸素運動前に飲みます。活動前や有酸素運動前に飲むことにより、脂肪を効率よく燃焼させることができます。
バナナ酢は、バナナ100グラムと黒糖100グラムをビンに入れ、黒酢200ミリリットルを注ぎ作ります。そして電子レンジで30秒加熱(600ワットの電子レンジ)し、常温で一晩寝かせます。

不飽和脂肪酸ダイエット

不飽和脂肪酸ダイエットは、現在使用している油を不飽和脂肪酸に代え、悪玉コレステロールを減少させるダイエット法です。不飽和脂肪酸は、オリーブ油・えごま油などに含まれています。不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールを減少させる働きがあると言われています。またアルファリノレン酸を含む不飽和脂肪酸には、善玉コレステロールを増加させる働きがあると言われています。

ハチミツダイエット

ハチミツダイエットは、砂糖をハチミツに代え、カロリーを削減するダイエット法です。ダイエットには、カロリーの削減が不可欠です。またハチミツは、昔から健康食品として利用され、健康に役立ちます。

発芽玄米ダイエット

発芽玄米ダイエットは、発芽玄米を食べ、カロリーを削減するダイエット法です。3食の内最低2食に発芽玄米を食べます。発芽玄米は、同量の白米と混ぜて炊きます。なお発芽玄米と白米の分量は、ダイエットに合わせて変えて大丈夫です。
発芽玄米は、玄米を水につけて、1ミリ程度発芽させたものです。玄米を発芽させることにより、玄米より食べやすくなると同時にビタミン・ミネラルが増え、カロリーが減少します。

フルーツダイエット

フルーツダイエットは、朝食に好きなフルーツを好きなだけ食べるダイエット法です。しかし朝食と昼食の間は、水だけで過ごす必要があります。なお昼食・夕食には、食事制限はありません。ただ昼食・夕食に肉や魚を食べる場合は、同じ分量の野菜を食べるように心掛けましょう。

納豆キムチダイエット

納豆キムチダイエットは、納豆キムチを食べ、脂肪の燃焼を促進するダイエット法です。納豆キムチは、毎日1回食べます。脂肪の燃焼を考えると仕事などの活動前や有酸素運動前に食べるのが最適です。仕事などで臭いが気になる方は、食べるタイミングを調整しましょう。
納豆キムチは、納豆とキムチを良く混ぜ、常温で一晩置きます。一晩置くことにより、乳酸菌が増加します。乳酸菌には、腸内環境を改善する働きがあると言われています。ただし夏場は、食べる前に必ずチェックしましょう。

ひじきダイエット

ひじきダイエットは、ひじきを食べ、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。ひじきは、ご飯やハンバーグなどの肉類に混ぜて食べます。ひじきを増量材として利用するば、炭水化物(糖質)や脂肪の摂取量が削減できます。またひじきは、弾力性があり噛むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。

ビール酵母ダイエット

ビール酵母ダイエットは、ビール酵母入りヨーグルトを食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内1食の食前にビール酵母入りヨーグルトを水分と一緒に食べます。脂肪の蓄積を考えると夕食が良いでしょう。また毎食前に少量食べる方法もあります。
ビール酵母入りヨーグルトは、ヨーグルト100グラムに対して大さじ1杯のビール酵母を入れ、よくかき混ぜて作ります。

▲このページのトップへ

広告