ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > 野菜たっぷりダイエット

野菜たっぷりダイエット

野菜たっぷりダイエットは、食物繊維の働きで肥満を防止するダイエット法です。1日3食バランスよく野菜や根菜などを食べ、現代人に不足している食物繊維を摂取します。海草もおすすめです。

厚生労働省は、1日当たりの食物繊維摂取量の目安を19~27gに設定しています。1951年には24gの食物繊維を摂取していましたが、2002年には14gまで減少したそうです。そして食生活の欧米化などの変化により、食物繊維摂取量が減少に反比例するように肥満・メタボ・生活習慣病が多くなっているそうです。
食物繊維には、水にとける水溶性食物繊維と水にとけない不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維は、水を含むと大きく膨張する性質があり、胃の中で膨張し満腹感をもたらします。また腸内で弾力性のあるかたまりに変化し、脂肪・コレステロールなどをとり込み、体外に排出する為、中性脂肪やコレステロール値を下げる効果があります。
不溶性食物繊維は、噛む回数を増やし、唾液や胃液の分泌を促し、食塊を大きくし満腹感をもたらします。また腸内で余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にし、便の排出を促す働きがあります。
野菜たっぷりダイエットでは、生野菜より温野菜がおすすめです。中でも栄養の損失が少ない蒸す調理法がおすすめです。


野菜たっぷりダイエットのポイント
☆野菜・根菜・海草を積極的に食べる

広告

▲このページのトップへ

広告