ダイエット・レシピ!簡単 > その他のダイエット > 低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットは、炭水化物の摂取量を減少させ、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。3食の内1食のご飯・パンを控え、高たんぱくの豆腐などを代わりに食べます。脂肪の蓄積を考えると夕食が良いでしょう。
なお脳の活動には、1日90グラムの炭水化物が必要です。90グラムの炭水化物は、お茶碗約2杯分のご飯に相当します。

広告

低炭水化物ダイエットは、糖尿病食から考案されました。低炭水化物ダイエットは、炭水化物(糖質)の摂取量を減少させるダイエット法です。
炭水化物は、アミラーゼによりブドウ糖に分解され、吸収されます。吸収されると血糖値が上昇し、インシュリンの働きにより余分な糖は体脂肪として蓄積されます。低炭水化物ダイエットでは、炭水化物の摂取量を減少させ、高たんぱく中心の食事にします。炭水化物の摂取量が減少するとエネルギー源が脂肪に変わり、体脂肪が減少します。


低炭水化物ダイエットのポイント
☆炭水化物の摂取量を減少させる
☆最低限の炭水化物を必ず摂取する

広告

▲このページのトップへ

広告