ダイエット・レシピ!簡単 > 飲むダイエット > ゴーヤ茶ダイエット

ゴーヤ茶ダイエット

ゴーヤ茶ダイエット(にがうり茶ダイエット)は、ゴーヤ茶の摂取と有酸素運動を組み合わせ、脂肪を燃焼させるダイエット法です。ゴーヤ茶は、有酸素運動前に飲みます。有酸素運動により脂肪を効率よく燃焼させることができます。

広告

ゴーヤ(にがうり)は、沖縄を代表する食材です。最近はスーパーの店頭などでも見かける機会が増えました。ゴーヤは、にがうりの名の通り独特の苦味があるのが特徴です。ゴーヤは、種を取り除いた果肉をチャンプルなどで食べます。しかし取り除かれた種には、リノレン酸などが含まれています。ゴーヤ茶は、種を利用したお茶です。
リノレン酸は、体内に吸収されると共役リノール酸(CLA)に変わります。共役リノール酸には、脂肪分解酵素リパーゼを活性化し、体脂肪を分解し、燃焼しやすくする働きがあると言われています。但し分解された脂肪が燃焼されなかった場合、脂肪は元に戻ってしまいます。ゴーヤ茶ダイエットには、有酸素運動が不可欠です。


ゴーヤ茶ダイエットのポイント
☆ゴーヤ茶は有酸素運動前に飲む
☆有酸素運動をする

広告

▲このページのトップへ

広告