ダイエット・レシピ!簡単 > 飲むダイエット > ギムネマ茶ダイエット

ギムネマ茶ダイエット

ギムネマ茶ダイエットは、ギムネマ茶を飲み、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。ギムネマ茶は、食後30分以内に飲みます。本来なら食事と一緒に飲むと良いのですが、ギムネマ茶を飲むと甘さを感じにくくなります。つまり食事が美味しく感じられなくなるのです。その為ギムネマ茶は、食後30分以内に飲みましょう。

広告

ギムネマは、インド南部を中心に東南アジア、中国南部など熱帯・亜熱帯の広い地域に自生するギムネマ・シルベスタというガガイモ科のツル性植物です。ギムネマの葉を噛んだ後は、しばらく甘味を感じなくなります。
炭水化物は、酵素により分解されブドウ糖になります。ブドウ糖は、小腸に送られ吸収されます。ギムネマ茶には、小腸でのブドウ糖吸収率を抑制する働きがあると言われています。ブドウ糖の吸収率が下がれば、血糖値の上昇が抑えられ、インシュリンの分泌も抑制されます。インシュリンの分泌が抑制されれば、脂肪が蓄積されにくくなります。なお小腸で吸収されなかったブドウ糖は、大腸に送られ、善玉菌の栄養源となり腸内環境を整えます。


ギムネマ茶ダイエットのポイント
☆ギムネマ茶は食後30分以内に飲む

広告

▲このページのトップへ

広告