ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > スープダイエット

スープダイエット

スープダイエットは、野菜スープを食前に飲み、満腹中枢を刺激するダイエット法です。野菜スープは、夕食の食前に飲みます。なお毎食前に野菜スープを飲んでも大丈夫です。食前に野菜スープを飲むことにより、満腹中枢を刺激し、少量の食事でも満腹感を感じます。満腹中枢を刺激する為には、スープはゆっくり時間を掛けて飲み、具はよく噛んで食べましょう。野菜スープは、生の状態より野菜を多く食べられることが魅力です。

スープの具には、にんじん・玉ねぎ・ピーマン・セロリ・キャベツ・トマトがおすすめです。にんじんなどの野菜には、食物繊維が含まれ、腸内環境を改善し、便秘の解消に役立ちます。
にんじんには、カロテンが含まれています。カロテンには、活性酸素を消去する働きや体を温める働きがあると言われています。
玉ねぎには、硫化アリルが含まれています。硫化アリルには、血液の凝固を抑え、動脈硬化や血栓を予防する働きがあると言われています。
ピーマンには、ビタミンCが含まれています。ビタミンCには、美肌効果があると言われています。またメラニンの沈着を防ぐ働きもあると言われています。
セロリには、カリウム・カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。
キャベツには、ビタミンCなどのビタミン類やカルシウム・鉄などのミネラルが豊富に含まれています。
トマトには、リコピンが含まれています。リコピンには、活性酸素を消去する働きがあると言われています。


スープダイエットのポイント
☆スープは夕食の食前に飲む
☆スープはゆっくり飲み・具はよく噛む

広告

▲このページのトップへ

広告