ダイエット・レシピ!簡単 > 飲むダイエット > しょうが紅茶ダイエット

しょうが紅茶ダイエット

しょうが紅茶ダイエットは、しょうが紅茶を飲み、脂肪の燃焼を促進させるダイエット法です。しょうが紅茶は、紅茶に擦ったしょうがを入れ、1日に5杯前後飲みます。仕事などの活動前や有酸素運動前に飲むことにより、脂肪を効率よく燃焼させることができます。また食事中に飲むと満腹中枢を刺激することもできます。なお紅茶に含まれるカフェインには、興奮・不眠などの作用があるので、午前中や昼間に飲みましょう。なおしょうが紅茶は、新陳代謝を活発にさせるしょうがの働きにより、紅茶だけより効率よく脂肪をさせることができます。
しょうが紅茶を飲む場合、砂糖・ミルクを使わないようにしましょう。なおしょうがは、チューブなどで販売されているもので大丈夫です。

広告

紅茶は、茶葉を発酵させたお茶です。紅茶には、カフェインが含まれています。
カフェインは、体内に吸収されるとアドレナリンが分泌されます。アドレナリンが分泌されるとエネルギー代謝が盛んになり、体脂肪が分解されやすくなります。但し分解された脂肪が燃焼されなかった場合、脂肪は元に戻ってしまいます。紅茶を飲んだ後に有酸素運動すれば、脂肪を効率よく燃焼させることができます。
しょうがには、辛味成分ジンゲロールが含まれています。
ジンゲロールには、体温を高め、新陳代謝を活発にする働きがあると言われています。


しょうが紅茶ダイエットのポイント
☆しょうが紅茶は1日に5杯前後飲む
☆しょうが紅茶には砂糖・ミルクは使わない

広告

▲このページのトップへ

広告