ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > もやしマヨネーズダイエット

もやしマヨネーズダイエット

もやしマヨネーズダイエットは、もやしマヨネーズを食前に食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。もやしマヨネーズは、夕食の食前に食べます。食前に食べることにより、満腹中枢を刺激することができます。もやしマヨネーズは、もやしの触感を楽しみながらよく噛み、ゆっくり食べましょう。よく噛めば満腹中枢も刺激することができます。
もやしマヨネーズは、もやしを茹でるか、または炒めてマヨネーズをかけたものです。

もやしは、大豆などを発芽させたものです。もやしは、豆の栄養的特徴を備え、他の野菜に比べ、たんぱく質を豊富に含んでいます。またもやしは、カロリーが低いのが魅力です。もやしには、アスパラギン酸・不溶性食物繊維・ビタミンB群が含まれています。
アスパラギン酸には、エネルギー代謝を助け、疲労に対する抵抗力を高める働きがあると言われています。
不溶性食物繊維には、脂肪の吸収を抑えたり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きがあると言われています。
ビタミンB1には、糖質を分解する酵素の働きを活発にし、糖質がエネルギーとして消費されるのを助ける働きがあると言われています。ビタミンB2には、体内の脂質の代謝を助け、余分な脂質が体内に残らないようにする働きがあると言われています。
マヨネーズは、不飽和脂肪酸を使用しているものを使用しましょう。最近の多くのマヨネーズは、不飽和脂肪酸を使用していますが一応確認しましょう。不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。


もやしマヨネーズダイエットのポイント
☆もやしマヨネーズは夕食の食前に食べる

広告

▲このページのトップへ

広告