ダイエット・レシピ!簡単 > 飲むダイエット > きな粉ココアダイエット

きな粉ココアダイエット

きな粉ココアダイエットは、ココアにより満腹中枢を刺激し、きな粉により脂肪・糖の吸収を抑制するダイエット法です。3食の内2食の食前にきな粉ココアを飲みます。食前に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。またきな粉の代わりに同じ大豆食品である豆乳と混ぜて飲む方法もあります。

広告

ココアは、カカオ豆の脂肪の一部を取り除き、粉末状にしたものです。カカオには、カカオポリフェノール・テオブロミンが含まれています。
カカオポリフェノールは、体内に吸収されるとレプチンが誕生し、レプチンが満腹中枢に信号を送る働きを促進し、食欲を抑制する働きがあると言われています。またカカオポリフェノールには、甲状腺を刺激し、基礎代謝をアップさせる働きもあると言われています。
テオブロミンには、リラックス効果があり、空腹時の食欲を抑制する働きがあると言われています。
きな粉は、大豆や黒豆を原料としています。きな粉には、サポニン・イソフラボン・食物繊維が含まれています。
サポニンには、余分な脂肪・糖の吸収を抑制する働きがあると言われています。太っている方は、小腸の繊毛が大きくなり、脂肪・糖を吸収しやすくなっています。サポニンには、肥大化した繊毛を正常に戻す働きもあると言われています。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと良く似た構造を持ち、エストロゲンと非常に近い働きをすると言われています。肥満・更年期障害・骨粗しょう症・乳ガンなどの予防や改善に働きがあると言われています。
不溶性食物繊維には、脂肪の吸収を抑えたり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きがあると言われています。


きな粉ココアダイエットのポイント
☆3食の内2食の食前にきな粉ココアを飲む

広告

▲このページのトップへ

広告