ダイエット・レシピ!簡単 > 飲むダイエット > 豆乳ココアダイエット

豆乳ココアダイエット

豆乳ココアダイエットは、豆乳により脂肪・糖の吸収を抑制し、ココアにより満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内1食か2食の食前30分前に豆乳ココアを飲みます。食前に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。
豆乳ココアは、豆乳にココアを混ぜたものです。なお豆乳には、無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料がありまが、無調整豆乳を飲みましょう。

広告

豆乳は、低カロリー、高たんぱく、そしてコレステロールゼロの大豆食品です。豆乳には、サポニン・ペプチドが含まれています。
サポニンには、余分な脂肪・糖の吸収を抑制する働きがあると言われています。太っている方は、小腸の繊毛が大きくなり、脂肪・糖を吸収しやすくなっています。サポニンは、肥大化した繊毛を正常に戻す働きもあると言われています。
ペプチドには、腸で吸収される際に腸管神経を刺激し、交換神経を優位にして基礎代謝をアップさせる働きがあると言われています。
ココアは、カカオ豆の脂肪の一部を取り除き、粉末状にしたものです。カカオには、カカオポリフェノール・テオブロミンが含まれています。
カカオポリフェノールは、体内に吸収されるとレプチンが誕生し、レプチンが満腹中枢に信号を送る働きを促進し、食欲を抑制する働きがあると言われています。またカカオポリフェノールには、甲状腺を刺激し、基礎代謝をアップさせる働きもあると言われています。
テオブロミンには、リラックス効果があり、空腹時の食欲を抑制する働きがあると言われています。


豆乳ココアダイエットのポイント
☆3食の内1食か2食の食前30分前に豆乳ココアを飲む

広告

▲このページのトップへ

広告