ダイエット・レシピ!簡単 > 飲むダイエット > 豆乳バナナダイエット

豆乳バナナダイエット

豆乳バナナダイエットは、豆乳により脂肪・糖の吸収を抑制し、バナナにより腸内環境を改善するダイエット法です。3食の内1食か2食の食前30分前に豆乳バナナを飲みます。食前に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。
豆乳バナナは、豆乳とバナナをミキサーに掛けたものです。なお豆乳には、無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料がありまが、無調整豆乳を飲みましょう。

広告

豆乳は、低カロリー、高たんぱく、そしてコレステロールゼロの大豆食品です。豆乳には、サポニン・ペプチドが含まれています。
サポニンには、余分な脂肪・糖の吸収を抑制する働きがあると言われています。太っている方は、小腸の繊毛が大きくなり、脂肪・糖を吸収しやすくなっています。サポニンは、肥大化した繊毛を正常に戻す働きもあると言われています。
ペプチドには、腸で吸収される際に腸管神経を刺激し、交換神経を優位にして基礎代謝をアップさせる働きがあると言われています。
バナナには、食物繊維・オリゴ糖が含まれています。
不溶性食物繊維には、脂肪の吸収を抑えたり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きがあると言われています。
オリゴ糖には、腸内で善玉菌の栄養源となり腸内環境を改善する働きがあると言われています。


豆乳バナナダイエットのポイント
☆3食の内1食か2食の食前30分前に豆乳バナナを飲む

広告

▲このページのトップへ

広告