ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > 不飽和脂肪酸ダイエット

不飽和脂肪酸ダイエット

不飽和脂肪酸ダイエットは、現在使用している油を不飽和脂肪酸に代え、悪玉コレステロールを減少させるダイエット法です。不飽和脂肪酸は、オリーブ油・えごま油などに含まれています。不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールを減少させる働きがあると言われています。またアルファリノレン酸を含む不飽和脂肪酸には、善玉コレステロールを増加させる働きがあると言われています。

脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。また不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸(n-9系)と多価不飽和脂肪酸に分けられます。更に多価不飽和脂肪酸は、n-6系・n-3系に分けられます。
一価不飽和脂肪酸の代表は、オリーブ油などに含まれるオレイン酸です。オレイン酸には、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを減少させない働きがあると言われています。また酸化されにくく、有害な過酸化脂質になりにくい性質があります。
n-6系多価不飽和脂肪酸の代表は、植物油に多く含まれるリノール酸です。リノール酸には、悪玉コレステロールだけでなく、善玉コレステロールも減少させる働きがあると言われています。なお摂り過ぎは、肥満の原因となる上、アレルギー症状が生じやすくなると言われています。
n-3系多価不飽和脂肪酸の代表は、えごま油などに多く含まれるアルファリノレン酸(αリノレン酸)です。アルファリノレン酸には、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる働きがあると言われています。またアルファリノレン酸は、体内でエネルギーになりやすく、必要に応じて同じn-3系多価不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサペンタエン酸)に作り変えられます。また遺伝子の研究により、アルファリノレン酸には、肝臓を刺激して、中性脂肪を減少させる働きがあると言われています。


不飽和脂肪酸ダイエットのポイント
☆現在使用している油を不飽和脂肪酸に代える

広告

▲このページのトップへ

広告