ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > ジンギスカンダイエット

ジンギスカンダイエット

ジンギスカンダイエットでは、ジンギスカン(羊肉)を食べ、脂肪を燃焼させるダイエット法です。無理にジンギスカン(羊肉)を食べる機会を増やす必要はありません。肉を食べるならジンギスカン(羊肉)を食べようという感覚で考えましょう。なおジンギスカン(羊肉)を食べるならラムよりマトンを食べましょう。マトンの方がL-カルニチンが多く含まれています。

羊肉には、他の肉類よりL-カルニチンが豊富に含まれています。そこで羊肉が注目され、羊肉の代表的な料理であるジンギスカンも注目されるようになりました。
体脂肪は、脂肪酸に分解され、血管を通って細胞内のミトコンドリアに送られます。そしてミトコンドリアでエネルギーに変換されます。しかし脂肪酸は、分子が大きく、そのままではミトコンドリアの中に入ることができません。L-カルニチンには、脂肪酸をうまくミトコンドリアに送る働きがあると言われています。つまりL-カルニチンが豊富にあれば、脂肪を効率よく燃焼されることができるのです。L-カルニチンが不足すれば、脂肪酸は燃焼できず、脂肪に逆合成されて体脂肪として蓄積されます。


ジンギスカンダイエットのポイント
☆普段食べる肉をジンギスカン(羊肉)に代える

広告

▲このページのトップへ

広告