ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > お粥ダイエット

お粥ダイエット

お粥ダイエットは、お粥を食べ、低炭水化物(糖質)の摂取量とカロリーを削減するダイエット法です。3食の内1食にお粥を食べます。脂肪の蓄積を考えると夕食に食べるのが良いかもしれません。お粥は、軟らいかので噛むことに適していません。しかし噛む回数が減少すれば、満腹中枢を刺激することができません。お粥は、満腹中枢を刺激する為にゆっくり食べましょう。

お粥は、水分によりお米が膨張し、低炭水化物(糖質)の摂取量やカロリーを削減できます。お粥には、三分粥・五分粥・七分粥・全粥などの種類があります。違いは米と水の分量です。三分粥は、米1に対して水20の割合で炊くお粥で、水の量が一番多い。全粥は、米1に対して水10の割合で炊くお粥です。
お粥は、日本では病気になった時や食欲のない時などに食べます。しかし中国や東南アジアなどでは、朝食によく食べられています。温かいお粥は、体を温めることにより発汗作用を促進し、代謝を高めます。


お粥ダイエットのポイント
☆3食の内1食にお粥を食べる
☆お粥はゆっくり食べる

広告

▲このページのトップへ

広告