ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > 干瓢ダイエット

干瓢ダイエット

干瓢ダイエットは、かんぴょうを食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。干瓢は、ご飯に混ぜたり、味噌汁の具として食べます。干瓢は、噛み応えがあり、満腹中枢を刺激することができます。また干瓢をご飯に混ぜれば、炭水化物(糖質)の摂取量も削減できます。

干瓢は、夕顔の果肉を薄く、細長い帯状にむいて乾燥させたものです。干瓢には、不溶性食物繊維・カルシウムが含まれています。食物繊維は、納豆の約4倍、カルシウムは牛乳の約3倍も含まれています。
不溶性食物繊維は、水にとけず、人体では消化吸収ができません。不溶性食物繊維は、胃での滞在時間が長く、満腹感を持続させ、食べ過ぎを防止します。また脂肪の吸収を抑制したり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きもあると言われています。
人は、カルシウムの摂取量が多いほど脂肪の蓄積が少ない言われています。


干瓢ダイエットのポイント
☆干瓢を積極的に食べる

広告

▲このページのトップへ

広告