ダイエット・レシピ!献立 > 食事ダイエット > 麦飯ダイエット

麦飯ダイエット

麦飯ダイエットは、麦(押し麦)を白米に混ぜて食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内2食に麦飯を食べます。麦飯は、噛み応えがあり、噛む回数が増え、満腹中枢を刺激することができます。満腹中枢を刺激できれば、少量の食事でも満腹感が感じられます。また麦飯を食べることにより炭水化物(糖質)の摂取量も削減できます。
麦飯は、麦(押し麦)1に対して白米3の割合で炊きましょう。また慣れてきたら麦と白米の分量を変えて大丈夫です。

麦(押し麦)には、ビタミンB群・水溶性食物繊維・不溶性食物繊維が含まれています。
ビタミンB群は、糖質・脂質のエネルギー代謝において、補酵素として働くと言われています。
水溶性食物繊維は、水を含むと大きく膨張する性質があり、胃の中で膨張し満腹感をもたらします。また腸内で脂肪・コレステロールなどをとり込み、体外に排出する為に中性脂肪やコレステロール値を下げる働きもあると言われています。
不溶性食物繊維には、脂肪の吸収を抑えたり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きがあると言われています。


麦飯ダイエットのポイント
☆3食の内2食に麦飯を食べる

広告

▲このページのトップへ

広告