ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > フルーツダイエット

フルーツダイエット

フルーツダイエットは、朝食に好きなフルーツを好きなだけ食べるダイエット法です。しかし朝食と昼食の間は、水だけで過ごす必要があります。なお昼食・夕食には、食事制限はありません。ただ昼食・夕食に肉や魚を食べる場合は、同じ分量の野菜を食べるように心掛けましょう。

朝食に食べるフルーツは、バナナ・グレープフルーツをおすすめです。
バナナには、不溶性食物繊維・オリゴ糖などが含まれています。
不溶性食物繊維には、脂肪の吸収を抑えたり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きがあると言われています。
オリゴ糖は、腸内で善玉菌の栄養源となり、善玉菌を増やすし、腸内環境を改善する働きがあると言われています。
グレープフルーツの香の成分は、ヌートカトン・リモネンです。また果実には、ナリンギン・クエン酸・水溶性食物繊維が含まれています。
ヌートカトンには、交感神経の働きを活性化し、脂肪を燃焼させる成分である脱共役タンパク質(UCP)をたくさん産生させる働きがあると言われています。
リモネンには、精神をリラックスさせ、血行を促進させ、代謝を活発にさせる働きがあると言われています。
ナリンギンには、食欲を抑制する働きがあると言われています。
クエン酸は、人間は摂取した食物をエネルギーに変える時、クエン酸を活用してエネルギーに変換しています。これをクエン酸サイクルと言います。クエン酸が不足するとエネルギー変換がスムーズにいかず、体脂肪が上手く燃焼されません。脂肪を燃焼させる為には、クエン酸を十分に摂取し、代謝機能を活発にする必要があるのです。
水溶性食物繊維は、水を含むと大きく膨張する性質があり、胃の中で膨張し満腹感をもたらします。また腸内で脂肪・コレステロールなどをとり込み、体外に排出する為に中性脂肪やコレステロール値を下げる働きもあると言われています。


フルーツダイエットのポイント
☆朝食に好きなフルーツを好きなだけ食べる

広告

▲このページのトップへ

広告