ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > グレープフルーツダイエット

グレープフルーツダイエット

グレープフルーツダイエットは、グレープフルーツの香りにより脂肪を燃焼させるダイエット法です。朝食または夕食にグレープフルーツ中心の食事をします。脂肪の燃焼を考えると仕事などの活動前の朝食が良いでしょう。グレープフルーツダイエットは、先ずグレープフルーツ1個とコップ1杯の豆乳を飲みます。もし空腹感があるなら野菜サラダを食べましょう。なお脂肪を燃焼させる為、必ずグレープフルーツの香りを嗅ぎましょう。

グレープフルーツの香の成分は、ヌートカトン・リモネンです。また果実には、ナリンギン・クエン酸・水溶性食物繊維が含まれています。
ヌートカトンには、交感神経の働きを活性化し、脂肪を燃焼させる成分である脱共役タンパク質(UCP)をたくさん産生させる働きがあると言われています。
リモネンには、精神をリラックスさせ、血行を促進させ、代謝を活発にさせる働きがあると言われています。
ナリンギンには、食欲を抑制する働きがあると言われています。
クエン酸は、人間は摂取した食物をエネルギーに変える時、クエン酸を活用してエネルギーに変換しています。これをクエン酸サイクルと言います。クエン酸が不足するとエネルギー変換がスムーズにいかず、体脂肪が上手く燃焼されません。脂肪を燃焼させる為には、クエン酸を十分に摂取し、代謝機能を活発にする必要があるのです。
水溶性食物繊維は、水を含むと大きく膨張する性質があり、胃の中で膨張し満腹感をもたらします。また腸内で脂肪・コレステロールなどをとり込み、体外に排出する為に中性脂肪やコレステロール値を下げる働きもあると言われています。
豆乳は、低カロリー、高たんぱく、そしてコレステロールゼロの大豆食品です。豆乳には、サポニン・ペプチドが含まれています。
サポニンには、余分な脂肪・糖の吸収を抑制する働きがあると言われています。太っている方は、小腸の繊毛が大きくなり、脂肪・糖を吸収しやすくなっています。サポニンは、肥大化した繊毛を正常に戻す働きもあると言われています。
ペプチドには、腸で吸収される際に腸管神経を刺激し、交換神経を優位にして基礎代謝をアップさせる働きがあると言われています。


グレープフルーツダイエットのポイント
☆朝食または夕食をグレープフルーツ中心の食事をする
☆グレープフルーツの香りを嗅ぐ

広告

▲このページのトップへ

広告