ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > あんパンダイエット

あんパンダイエット

あんパンダイエットは、あんパンを食べ、血糖値の上昇を抑えて脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。朝食に食パンの代わりにあんパンを食べます。あんパンだけでは、栄養のバランスが良くないので、野菜サラダ・スープも一緒に食べましょう。

あんパンは、食パンを比較すると血糖値を急激に上昇させません。血糖値の上昇を抑制できれば、インシュリンによる脂肪の蓄積を抑制できます。
あんパンのあんには、不溶性食物繊維が含まれています。
不溶性食物繊維は、水にとけず、人体では消化吸収ができません。不溶性食物繊維は、胃での滞在時間が長く、満腹感を持続させ、食べ過ぎを防止します。また脂肪の吸収を抑制したり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きがあると言われています。


あんパンダイエットのポイント
☆朝食に食パンの代わりにあんパンを食べる

広告

▲このページのトップへ

広告