ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > チョコレートダイエット

チョコレートダイエット

チョコレートダイエットは、チョコレートを食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。チョコレートは、毎食30分前に食べます。1日に食べる量は50グラムです。チョコレートは、食事の回数に合わせ、配分しましょう。食べ過ぎは禁物です。なおチョコレートは、カカオの含有量が70%以上で、糖分・脂肪分の少ないものを選びましょう。

チョコレートには、カカオポリフェノール・テオブロミンが含まれています。
カカオポリフェノールは、体内に吸収されるとレプチンが誕生し、レプチンが満腹中枢に信号を送る働きを促進し、食欲を抑制する働きがあると言われています。またカカオポリフェノールには、甲状腺を刺激し、基礎代謝をアップさせる働きもあると言われています。
テオブロミンには、リラックス効果があり、空腹時の食欲を抑制する働きがあると言われています。


チョコレートダイエットのポイント
☆チョコレートは毎食30分前に食べる
☆チョコレートは1日50グラム
☆チョコレートはカカオの含有量が70%以上のものを選ぶ

広告

▲このページのトップへ

広告