ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > おろし納豆ダイエット

おろし納豆ダイエット

おろし納豆ダイエットは、おろし納豆を食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。おろし納豆は、食前に食べます。食前に食べれば満腹中枢を刺激することができます。なおおろし納豆は、噛むのに適さないので、ゆっくり時間を掛け食べましょう。ゆっくり食べることにより、満腹中枢を刺激することもできます。
おろし納豆ダイエットは、納豆に大根おろしを混ぜたものです。大根は、酸化されないよう食べる直前にすりましょう。

納豆は、日本伝統の発酵食品です。納豆には、イソフラボンが含まれています。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと良く似た構造を持ち、エストロゲンと非常に近い働きをします。肥満・更年期障害・骨粗しょう症・乳ガンなどの予防や改善に働きがあると言われています。
なお納豆菌がつくるナットウキナーゼは、ポリグルタミン酸をつくり、カルシウムの吸収を高める働きがあると言われています。人は、カルシウムの摂取量が多いほど脂肪の蓄積が少ないと言われています。
大根には、食物繊維・ジアスターゼが含まれています。
食物繊維には、腸内の食物の通過時間を短縮させ、吸収率を低下させる働きがあると言われています。また消化管運動を活発にし、便秘を解消する働きもあると言われています。
ジアスターゼには、消化を助ける働きがあると言われています。


おろし納豆ダイエットのポイント
☆おろし納豆は食前に食べる
☆おろし納豆はゆっくり食べる

広告

▲このページのトップへ

広告