ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > わかめダイエット

わかめダイエット

わかめダイエットは、わかめ麺を食べ、カロリーの削減と脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。わかめ麺は、3食の内1食に食べます。脂肪の蓄積を考えると夕食が良いでしょう。
わかめ麺は、乾燥わかめをミキサーで粉状にして、寒天で固めたものです。もしわかめ麺を作るのが手間ならわかめの味噌汁・スープに置き換えましょう。またわかめの海草サラダも良いかもしれません。1日に生わかめ50~100グラムを食べましょう。

わかめは、低カロリーの自然食品です。わかめには、ヨウ素(ヨード)・水溶性食物繊維が含まれています。
ヨウ素(ヨード)は、体内では甲状腺に多く含まれています。甲状腺ホルモンには、全身の新陳代謝を活発にする働きがあります。ヨウ素が不足した場合、基礎代謝が低下し、脂肪が燃焼されにくくなります。
水溶性食物繊維は、水を含むと大きく膨張する性質があり、胃の中で膨張し、満腹感をもたらします。また腸内で脂肪・コレステロールなどをとり込み、体外に排出する為に中性脂肪・コレステロール値を下げる働きがあると言われています。更に腸壁を刺激し、蠕動運動を活発にし、便の排出を促す働きもあると言われています。
寒天は、海草の天草を材料に作られます。寒天には、ガラクトースと言われる不溶性食物繊維が含まれています。
不溶性食物繊維は、水にとけず、人体では消化吸収ができません。不溶性食物繊維は、胃での滞在時間が長く、満腹感を持続させ、食べ過ぎを防止します。また脂肪の吸収を抑制したり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きがあると言われています。


わかめダイエットのポイント
☆3食の内1食にわかめ麺を食べる

広告

▲このページのトップへ

広告