ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > スキムミルクダイエット

スキムミルクダイエット

スキムミルクダイエットは、スキムミルク入りヨーグルトを食べ、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。スキムミルク入りヨーグルトは、毎食前に食べます。食前に食べることにより満腹中枢を刺激し、食事量を削減できます。
スキムミルク入りヨーグルトは、無糖のヨーグルト100グラムに対してスキムミルク15~20グラムを加えて作ります。その後室温(20~30度)で半日ほど置くとヨーグルトに含まれる乳酸菌が増えます。

スキムミルクは、牛乳から脂肪分を取り除いたもので、脱脂粉乳と言われることもあります。戦後直ぐは学校給食でよく飲まれていたそうです。スキムミルクは、脂肪分を除けば栄養成分は牛乳とほぼ同じです。しかし脂肪分が取り除かれた分、低脂肪・低カロリーです。スキムミルクには、カルシウムが含まれています。
人は、カルシウムの摂取量が多いほど脂肪の蓄積が少ないと言われています。
ヨーグルトには、乳酸菌・カルシウムが含まれています。
乳酸菌には、腸内の善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを良くし、免疫力をアップしたり、便秘を解消する働きがあると言われています。ヨーグルトは、発酵する過程でカルシウムと乳酸と結びつき、乳酸カルシウムという消化・吸収しやすい状態になります。この為ヨーグルトのカルシウムは、牛乳のカルシウムよりも吸収率が高いのです。


スキムミルクダイエットのポイント
☆スキムミルク入りヨーグルトを毎食前に食べる

広告

▲このページのトップへ

広告