ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > みそ汁ダイエット

みそ汁ダイエット

みそ汁ダイエットは、みそ汁を飲み、満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内2食の食前にみそ汁1杯を飲みます。食前にみそ汁を飲むことにより、満腹中枢を刺激することができます。みそ汁の具には、食物繊維が豊富なタマネギやワカメなどが良いでしょう。なおみそは、高血圧の予防の為、減塩のものを選びましょう。

みそは、大豆を煮て、麹(こうじ)で発酵させた発酵食品です。みそには、サポニン・イソフラボン・ペプチドが含まれています。
サポニンには、余分な脂肪・糖の吸収を抑制する働きがあると言われています。太っている方は、小腸の繊毛が大きくなり、脂肪・糖を吸収しやすくなっています。サポニンは、肥大化した繊毛を正常に戻す働きもあると言われています。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと良く似た構造を持ち、エストロゲンと非常に近い働きをします。肥満・更年期障害・骨粗しょう症・乳ガンなどの予防や改善に働きがあると言われています。
ペプチドには、腸で吸収される際に腸管神経を刺激し、交感神経を優位にして基礎代謝をアップさせる働きがあると言われています。
赤みそには、メラノイジンが含まれています。メラノイジンには、腸の蠕動運動を活発化し、便秘を解消する働きがあると言われています。また白みそには、ギャバが含まれています。ギャバには、空腹感を抑制する働きがあると言われています。


みそ汁ダイエットのポイント
☆3食の内2食の食前にみそ汁各1杯を飲む

広告

▲このページのトップへ

広告