ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > 酢大豆ダイエット

酢大豆ダイエット

酢大豆ダイエットは、酢大豆を食べ、脂肪の燃焼を促進させると同時に脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。酢大豆は、朝夕に10~20粒食べます。脂肪の燃焼を考えると仕事などの活動前や有酸素運動前に多めに食べましょう。有酸素運動前に食べれば、脂肪を効率よく燃焼させることができます。
酢大豆は、黒酢に大豆を1週間程度漬けたものです。酢大豆は、簡単に作れるので挑戦しましょう。

黒酢には、アミノ酸・クエン酸が含まれています。
アミノ酸は、全部で20種類あります。その内の9種類は人間の体内では合成できず、食物から摂取しなければなりません。この9種類のアミノ酸を必須アミノ酸と言います。必須アミノ酸の中でも脂肪分解酵素リパーゼを活性化するアミノ酸(イソロイシン・ロイシン・バリン)をBCAA(分岐鎖アミノ酸)と言います。
人間は摂取した食物をエネルギーに変える時、クエン酸を活用してエネルギーに変換しています。これをクエン酸サイクルと言います。クエン酸が不足するとエネルギー変換がスムーズにいかず、体脂肪が上手く燃焼されません。脂肪を燃焼させる為には、クエン酸を十分に摂取し、代謝機能を活発にする必要があるのです。
大豆には、たんぱく質・サポニン・イソフラボン・不溶性食物繊維が含まれています。
たんぱく質が不足すると筋肉が衰え、基礎代謝が低下し、太りやすい体になります。
サポニンには、余分な脂肪・糖の吸収を抑制する働きがあると言われています。太っている方は、小腸の繊毛が大きくなり、脂肪・糖を吸収しやすくなっています。サポニンは、肥大化した繊毛を正常に戻す働きもあると言われています。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと良く似た構造を持ち、エストロゲンと非常に近い働きをします。肥満・更年期障害・骨粗しょう症・乳ガンなどの予防や改善に働きがあると言われています。
不溶性食物繊維には、脂肪の吸収を抑えたり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きがあると言われています。


酢大豆ダイエット
☆朝夕に酢大豆10~20粒を食べる
☆有酸素運動を行う

広告

▲このページのトップへ

広告