ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > 黒豆ダイエット

黒豆ダイエット

黒豆ダイエットは、黒豆により脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。黒豆は、1日に乾燥状態で30グラムを食べます。黒豆と言えばお正月の黒豆の煮物かもしれません。しかし上手く煮るのは難しいようです。スーパーなどで販売されている黒豆の煮物を上手に利用しましょう。

広告

黒豆は、大豆(黄大豆)の一種です。黒豆の皮には、アントシアニンが含まれています。アントシアニン以外にも黒豆には、たんぱく質・サポニン・イソフラボン・不溶性食物繊維が含まれています。
アントシアニンは、ポリフェノールの一種です。アントシアニンには、活性酸素を除去する抗酸化作用があると言われています。また疲れ目などの症状の改善する働きもあると言われています。
たんぱく質が不足すると筋肉が衰え、基礎代謝が低下し、太りやすい体になります。
サポニンには、余分な脂肪・糖の吸収を抑制する働きがあると言われています。太っている方は、小腸の繊毛が大きくなり、脂肪・糖を吸収しやすくなっています。サポニンは、肥大化した繊毛を正常に戻す働きもあると言われています。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと良く似た構造を持ち、エストロゲンと非常に近い働きをします。肥満・更年期障害・骨粗しょう症・乳ガンなどの予防や改善に働きがあると言われています。
不溶性食物繊維には、脂肪の吸収を抑えたり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きがあると言われています。


黒豆ダイエットのポイント
☆1日に乾燥状態で30グラムの黒豆を食べる

広告

▲このページのトップへ

広告