ダイエット・レシピ!簡単 > 食事ダイエット > 大豆ダイエット

大豆ダイエット

大豆ダイエットは、大豆を食べ、脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。3食の内1食を大豆中心の食事にします。欧米化された食事を以前日本人が食べていた食事に戻すと考えましょう。大豆中心の食事には、大豆・根菜・コンニャクなどを使った煮物が良いでしょう。煮物にすることにより噛む回数を増やし、満腹中枢を刺激することができます。納豆・豆腐などの大豆食品も上手に利用しましょう。

大豆には、たんぱく質・サポニン・イソフラボン・不溶性食物繊維が含まれています。
たんぱく質が不足すると筋肉が衰え、基礎代謝が低下し、太りやすい体になります。
サポニンには、余分な脂肪・糖の吸収を抑制する働きがあると言われています。太っている方は、小腸の繊毛が大きくなり、脂肪・糖を吸収しやすくなっています。サポニンは、肥大化した繊毛を正常に戻す働きもあると言われています。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと良く似た構造を持ち、エストロゲンと非常に近い働きをします。肥満・更年期障害・骨粗しょう症・乳ガンなどの予防や改善に働きがあると言われています。
不溶性食物繊維には、脂肪の吸収を抑えたり、余分な脂肪・水分・老廃物などと絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして便の排出を促す働きがあると言われています。


大豆ダイエットのポイント
☆3食の内1食を大豆中心の食事にする

広告

▲このページのトップへ

広告