ダイエット・レシピ

ダイエット・レシピ(食事・運動)を紹介しています。ダイエット方法は食事・飲料・運動・サプリなどに分類し、ダイエットレシピ(食事)はもやし・豆腐・こんにゃくなどの食材に分類し、分かりやすいく紹介しています。またニュース(最新情報)・基礎知識も紹介しています。
なお身長・体重からBMI(肥満度)と標準体重を確認できます。(日本肥満学会ではBMIが22.0になる体重を標準体重としています。)

クリックし、身長・体重を入力して下さい。
BMI・標準体重をチャック
BMI値が18.5未満の場合 やせ
BMI値が18.5以上25.0未満の場合 普通
BMI値が25.0以上30.0未満の場合 肥満度1
BMI値が30.0以上35.0未満の場合 肥満度2
BMI値が35.0以上40.0未満の場合 肥満度3
BMI値が40.0以上の場合 肥満度4

ダイエット・レシピの基本

ダイエット・レシピでは適量、そしてバランスの取れた食事が重要です。どんなに毎日運動を行い、消費カロリーを増加させても食べ過ぎては体重は減少しません。また適量でもバランスが悪かったり、偏った食事ならば、肥満の原因になったり、健康を損なったりします。次に食事以外に運動も重要です。適量の食事でも十分に運動をしたり、積極的に体を動かさまければ、効率よく体重を削減させることができません。食事と同様に運動も重要です。なお食事や運動により、体重を削減する場合、短期間ではなく、時間を掛けることも重要です。短期間に体重を削減するとリバウンドの原因になったりします。

実践ダイエット・レシピ

ダイエット・レシピは体重や腹囲(ウエスト)が増加したり、体調を崩したりした10年ほど前から本格的に実践している。その経験から体重や腹囲を削減させる食事や方法が分かるようになった。そんな食事や方法の記録を下記サイトで紹介しています。また最近メディア(テレビ・ネットなど)で話題になったニュース(最新情報)なども紹介しています。体重や腹囲を減少させるヒントがあるかもしれません。なお現在は体重も腹囲(ウエスト)は以前よりも減少し、体調もよくなったが、まだ理想としている標準体重や腹囲には達していない。もう少し食事を削減したり、積極的に運動をする必要があるようだ。

おすすめダイエット・レシピ

豆腐は水分が多く、低カロリー食材。絹ごしは100グラム当たり56キロカロリー、木綿は100グラム当たり72キロカロリーだ。なお豆腐料理(食事)では脂肪の燃焼に役立つカプサイシン(唐辛子)が含まれているマーボー豆腐がおすすめ。

コンニャクは水分が多く、低カロリー食材。コンニャクは100グラム当たり5キロカロリーだ。その為コンニャクは糖尿病食に利用されている。コンニャク料理(食事)はあまりバリエーションがなく、食事に活用できないのが難点。

もやしは水分が多く、低カロリー食材。生もやしは100グラム当たり14キロカロリー、茹でもやしは100グラム当たり12キロカロリーだ。なおもやし料理(食事)ではもやしを食事の中で多く食べられる(肉)野菜炒め・焼きそばもおすすめ。

わかめは水溶性食物繊維が多い低カロリー食材。わかめ(塩蔵)は100グラム当たり11キロカロリー、わかめ(乾燥)は100グラム当たり138キロカロリーだ。なおわかめ料理(食事)ではクエン酸(酢)と一緒に食べられる酢の物がおすすめ。

ひじきは水溶性食物繊維が多い低カロリー食材。ひじき(乾燥)は100グラム当たり139キロカロリーだ。なおひじき料理(食事)ではひじき同様に不溶性食物繊維を多く含んでいる野菜・根菜・豆類と一緒に煮物にするのがおすすめ。

ウォーキングは誰でも簡単にできる運動。ウィークディの夜間や休日の昼間に自宅近くにある練馬区と中野区の区界にある江古田の森公園などで行っている。ウォーキングの目標歩数は休日が5千歩以上、それ以外の平日は3千歩以上だ。

踏み台昇降は天候が悪い日や体調がよくない日に自宅で行ったいる運動。踏み台昇降は不要になった本や雑誌などを踏み台にしている。踏み台の高さはウォーキング感覚でできるようにあまり高くない。運動強度よりも運動時間重視だ。

最新記事

ダイエットの為に帰省中も食べる順番に気を付けた。今年のお盆休みも例年と同じように関西の実家に帰省した。実家に帰省すると普段のライフスタイルや食生活が変わったりすることがある。やはり家族が増えたり、食事の内容が変わったりすると普段通りの生活するのが難しくなる。ただ帰省すると食事や間食の食べ過ぎや運動不足から体重が増加する

▲このページのトップへ

広告